疾患や治療のこと

不整脈を知ろう③洞不全症候群(SSS)

もも
もも
みなさんこんにちわ!看護師のももです

今回も不整脈の説明をしていきます!

  1. 心房性の不整脈、つまりP波に異常があるもの。
  2. 心室性の不整脈、つまりQRS波に異常があるもの。
  3. P波の起源である洞房結節の働きが低下することによっておこるもの。
  4. 洞結節と房室結節への電気興奮が不良になったもの、つまりP波からQRS波の伝導がうまくいかないもの。

今回は、❸洞房結節の働きの低下によっておこる不整脈についてです。

洞不全症候群(SSS)とは

洞不全症候群=SSS(シックサイナスやスリーエス)と呼びます。

SSSは洞房結節のはたらきが低下し、「電気刺激を作れない」「電気刺激をつくったものの途中で遮断される」「規則正しく電気刺激を作れない」といった状態のことをいいます。

原因は、加齢、睡眠、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症)、薬剤(ジギタリス、β遮断薬、Ca拮抗薬)の影響などがあります。

代表的なSSSを紹介します。

洞徐脈

波形は洞調律ですが、脈拍をつくるテンポが通常より遅く、心拍数が50回以下/分のものをいいます。

波形はこんな感じです。
ちなみに、心拍の正常値は60~100回/分です。

<看護>

患者に安静を促し、自覚症状(ふらつきやめまい)を確認、バイタルサイン測定をします。

基礎疾患がある場合は、胸部症状や呼吸状態の変化、徐脈が持続している場合は心不全兆候はないか、ということも観察します。

患者の行動(睡眠、排泄、体位)なども徐脈の誘因になりますので、状況を確認しましょう。

洞停止・洞房ブロック

洞停止=突然P波とQRS波が脱落します。

波形はこんな感じです。
洞房ブロック=洞停止と区別するのが難しいのですが、本来でるはずだったP波の間隔が等倍で延長することが特徴です。

波形はこんな感じです。
<看護>

心停止時間が3秒以内であれば慌てる必要はありません。

患者に安静を促す、自覚症状(ふらつきやめまい)の確認、バイタルサイン測定をします。

5秒以上延長する場合は失神やけいれんを生じる可能性があるので注意します。

徐脈・頻脈症候群

突然頻脈になったり徐脈になったりします。

頻拍がおわって直後に、P波やQRS波が延長することがあります。

波形はこんな感じです。
症状は、動悸が生じ、続いて急にめまいや意識消失が生じることがあります。

<看護>

患者に安静を促し、自覚症状の観察、バイタルサイン測定をします。

心電図モニターは、発作の開始から停止までを記録しましょう。

徐脈頻脈を繰り返している患者は、心不全を合併する可能性もあるため、呼吸状態や浮腫の有無、尿量などの観察も行ってください。

治療

薬剤による徐脈の場合は、薬剤の減量や注意が必要となります。

症状(めまいや失神)がある場合、体外式(一時的)ペースメーカ―や植込み型(恒久的)ペースメーカーを考慮します。

ペースメーカー適応であっても、体にペースメーカーを埋め込むことに抵抗がある人もいます。ペースメーカー埋め込みまでに時間がかかる場合は、薬剤投与(硫酸アトロピンや塩酸イソプロテレノール)を行います。

 

 

 

参加しています→看護師ブログランキングにほんブログ村

よろしければ、コメントいただけると嬉しいです♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です