雑記

プリセプターからの言葉

こんにちは!看護師のももです。

3日目・・・終了しましたね~!ももはこれでオリエンテーション終わっちゃいました!!

次からはさっそく病棟へ入るわけですが、パソコンの操作からわからないのでそこから教わる感じでしょうかね(;^ω^)というかスタッフの顔と名前を覚えなければ・・・人の顔と名前を覚えるのが一番苦手かもですw

 

本日、プリセプターさんとやっと顔合わせができまして、ひとまずほっとしています。顔も雰囲気もわからない状況が一番緊張しますしね。

年齢は1つ年上ですが、とても優しそうな雰囲気だったので安心しました。

 

今回、10年ぶりのプリセプターさんなわけですが、新人時代にお世話になったプリセプターさんのことを思い出しました。

新人時代のももは、お世辞にも良い新人とは言えなかったと思います。

表情が乏しかったからか、「何考えてるかわからない」とか「なんでそんな自信満々なの?」とか、びっくりするような事を言われました。自分ではそんな風に接しているつもりなかったので、能天気なももでもさすがにちょっと傷ついたりもしました。

緊張してうまく笑ったり話ができないのもあるんですが、先輩を労ったりとか媚びたりとかっていう処世術も知らなかったんですよね。

しかも、頭も良くないから覚えも悪かったし、看護に対してもそこまで真剣じゃないし

 

もも
もも
全体的に先輩たちは優しかったので、そんなに言われる頻度は高くなかったですけど

 

私が今になって感じることは、プリセプターにもっと相談すればよかったなーという事です。おそらく私が距離をとってしまったのか、新人時代のプリセプターとそんなに交流がなく、1年目を終えてしまいました。

当時の私は「相談して迷惑かけたら嫌だな」とか「こんな事先輩にいっても仕方ないよね」とか、自己解決を選択していたように思います。今、年齢を重ねたから思うだけかもしれないですけど、それって結構さみしいことだったりします。

私が先輩からのアドバイスで一番心に残っているのが、「人と比べなくていい」ということです。

私は成長速度がゆっくりだった事、他の同期よりも先輩方とうまくコミュニケーションがとれなかった事から、萎縮しがちに仕事をしていました。でも、先輩から「人と比べなくていい」と言ってもらえてから、周りを変に気にする事なく仕事ができるようになったと思います。

一般的にも普通に言われてる言葉ではあるんですけど、気持ちが落ち込んでるときに聞くとすごく響く言葉でした。自分という人間を認めてもらえてるような、そんな感覚がしました。単純ですね!w

私がプリセプターになった時、プリセプティも同じようなことで悩んでいました。その時、先輩に言われた「比べなくていい」という言葉が思い浮かび、それを伝えました。彼女自身も心に残ったようで、1年後に「嬉しかった」と私に話してくれて、すごく感動したのを覚えています。

それくらい、新人のころに聞くプリセプターの言葉って心に残るんですよね。

 

経験のある先輩の言葉はとても貴重で、思う存分にいろんな先輩に聞けるのは新人時代だけだと思います。悩みや不安な事、悲しかったことや辛い事は、一人で抱え込まずプリセプターさんもしくは信頼できる人に相談してほしいです。辛いことが多い新人時代だからこそ、絶対に心に残る言葉があると思います。そして、嬉しかったことはぜひフィードバックしてあげてください。

 

私も、今度のプリセプターさんには申し訳ないけど、何かあった時は一緒に悩んでもらおう!という心持ちでいこうと思っています😅

先輩の意見は良いことも悪いことも、すべて成長の糧になります。そして、その指導は連鎖していくと思っています。新人看護師さんは、最初からうまくやろうなんて思わず、せっかく「病院全体で育てますよ~」って言ってくれているのだから、いっぱい甘えて育ててもらおう♪くらいの気持ちで臨んでいくといいですよ。

あと、感謝の気持ちは絶対に忘れないようにしましょうね!

素敵な本に出合ったこんにちは!本読まない看護師のももです。 来月からの再就職にあたっていろいろ復習しようと思い、今日は本屋さんに行ってきました! ...

↑新人時代を描いたイラストエッセイの紹介です。かなりおすすめ!

 

 

参加しています→看護師ブログランキングにほんブログ村

よろしければ、コメントいただけると嬉しいです♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です